見えるか、見えないか

slooProImg_20180414232154.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

相手の気持ちを理解すること。

社会人1年目、
営業でした。

先輩から

「お前は人の気持ちがわかんねーよなー」

と指摘いただきました。

売上が全然
上がりませんでした。

人の気持ちがわからないと
売上が上がらない。

じゃあ、どうやったら
人の気持ちがわかるんだろう・・?

「具体的にどうしたら
人の気持ちがわかるようになりますか?」

先輩に聞くと

「え、雰囲気でわかるよね?
何か具体的に教えるっていうよりも
雰囲気?経験?
まあ時間かかると思うけど頑張れ」

と言われた時の絶望。

そこからなんだかんだで数年間やって、
ブレークスルーが起きたのは

「とにかく相手を出世させる」というマインドで
やるとうまくいくことが多い
ということがわかりました。

人の気持ちを理解する、ということは
終わりがないつもりではいましたが

最近、また一つ上の世界に行くための
壁が見えてきています。

それはものすごい
「細かく」て、
過去の自分では気づけなかったことです。

昔、中国製品のクオリティが低いのは
「細かい部分に気づかないから」ということを
テレビ番組で見ました。

中国担当者に
「冷蔵庫のここに傷があるよね?」

と指さしで伝えても、

「いや、傷はない」

と、言い、
傷が見えない。

課題が見えているか、
いないか、が
かなり大事です。

課題が見えていないと
改善ができません。

課題がわかれば
改善できます。

最近課題がありまして、
あまりの細かさに驚いていました。

自分にできるのだろうか?

と思う自分もいるのですが

昔はこの細かさ、が
わかりませんでした。

わかる時点で
昔より成長している。

だからもっとできる!

という気持ちで
取り組んでいければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

all in or Nothing メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>