「オムライス」を頼んだら、 「カレー」が出てきた

slooProImg_20180425201401.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

大阪出張日帰りで
帰りの新幹線から。

一見、あまりにも
小さなことなのですが

個人的に大きな事件で、

悩んだのですが
やはり書かざるを得ないと
判断しました。

結論、お店で
「オムライス」を頼んだら、
「カレー」が出てきました。
という話です。

新大阪に
好きな洋食屋がありまして

こちらの「オムライス」を
とても楽しみにしていました。

洋食屋の「オムライス」は
バターの香りが香しい、
それでいて洋食屋の伝統を感じさせる、
そしてシンプルに美味しい「オムライス」です。

楽しみにしていたのに、
「オムライス」を注文して
出てきたのが「カレー」でした。

しかも私は
「カレー」を外食で
まったく食べないので、

よっぽど交換してください、と
言おうと思ったのですが、

交換してくださいって言っても
捨てられてしまうのだろうし、

月天中殺なので
出てきたものにYESを、

ということであれば
YESなのだろう、

普段まったく食べない「カレー」というのも
普段はしない経験をしろ、ということなのだろう、と

そのまま食べることにしました。

しかし、楽しみにしていた
「オムライス」が
「カレー」になってしまった
悲しみは大きく、

「カレー」の味が
ほとんどせず、

セルフイメージも
ただ下がり、

その後も
あそこは交換してほしいと
言うべきだったのではないか、と

今日死んだら
後悔してしまうのではないか、と
考えてしまい、

今ここに集中が
なかなかできづらい状況になってしまい、

仕事で変な失敗をするよりも
ダメージが大きく、

とても豊かな
修行体験となりました。

そしてそれで仕事の結果が
良くないのかと言えば、

むしろ良く。

結果的に代償の先払いに
なっていたような、

いや、やっぱり
なっていないような、
気がしています。

仕事します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

all in or Nothing メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>