【感想文】悩みを解決するための魔術的公式(道は開ける)

2014-01-25 23.01.43
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

■この本を読んでみた自分なりの背景と、簡単な本の紹介(要はどんな本?)

 

今週は原点回帰&コミュニケーション強化週間です。

悩みがある時はこの本を読み返すようにしています。主に大きなトラブルが起こったときに読み返すことが多いです。だいたい大きなトラブルが起こった時って、精神状態が普通じゃないんですよね。

気が動転して、普通ならできることができなくなってしまう。そんな時に読む本です。

 

悩みを解決する技術、考え方がたくさん書かれています。

この本に書いている手順通りに、悩みを書いていく、分析していけばある程度問題が整理されて、前向きになれます。

僕自身の今の課題は「コミュニケーション」なので、それを解決するために悩みを解決しようと思って読み返しました。

 

今、皆さんが特に悩みをもたれていないのであれば必要ないと思います。

ただ今後悩んじゃったなーという時にはこの本があったこと、なんなら今日書いていることをやってみるだけでも全然違うのでぜひお試しください♪

 

それではいってみましょう!

 

悩みに対する戦略を知らないものは若死にする

 

これ、この本を読んだ時に心の底から同感したんです。

そういえば、悩んだ時にどうしたらいいかって、全然習ってこなかった。

そして僕は悩むことが多い。目標が高いからいつも現実とのギャップに苦しむ。努力も自己流で先生もいないからレベルもそう簡単に上がらない。

とにかく目標は達成できてなくて、でもどうしたらいいんかわからない、誰も答えを教えてくれない。

つまり、悩んでばっかりで行動できないんですよね、自分に自信もない。せっかく生きてても全然楽しくない。

でもこの本に書いてある方法で今の自分が置かれている状況を整理すると、気持ちが全然違うので、今悩んでいることがあればぜひやってみることをオススメします。

 

(ここから書いていくことは悩んだときに書いていく具体的な手順だけです。チラシの裏とボールペンさえあればOKです!)

悩みを解決するための魔術的公式

 

1「起こりうる最悪の事態とは何か?」と自問すること

2やむを得ない場合には、最悪の事態を受け入れる覚悟をすること

3それから落ち着いて最悪状態を好転させるよう努力すること

→僕はトラブルが起こった際に上記を手帳に書いて情報を整理してから行動するようにしています、精神状態の落ち着き方が全然違いますよー!

 

悩みの分析と解消法

 

1私は何を悩んでいるか?

2それに対して私は何ができるか?

3私はどういうことを実行しようとしているか?

4私はそれをいつから実行しようとしているか?

 

仕事の悩みを半減させる方法

 

1問題点は何か?

2問題の原因は何か?

3いくとおりの解決策があって、それらはどんなものか?

4望ましい解決策はどれか?

 

まとめ

 

僕自身も久しぶりに公式にそっていくつかの悩みについて整理してみました。

コミュニケーション、という目に見えないことを目標にするにはどうしたらいいのか?

僕の場合は「1人ずつ仲良くなっていく」という結論に至りました。

 

悩みを分析する前はコミュニケーション能力を高める、とばっくりした悩みが上記の具体的な行動まで落ちてくると、気持ちは整理されます。自分の考えが全部紙に落ちることで、それを見て安心する気持ちも出てきます。

まあいいなーと思ったらぜひ一度やってみてください♪

 

 

今日はこんな感じで!

 

■マインドマップ

2014年01月25日22時55分29秒_0001 2014年01月25日22時55分29秒_0003
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>