【実践】自分が今どの季節にいるかを知り、覚悟をしよう!(春夏秋冬理論イントロ講座)

2014-02-22 18.05.25
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ついこの間まで春夏秋冬理論、という言葉自体聞いたことがありませんでした。

でも昨年末に2014年秘密のCDなんてものがあり、それを聞く機会に恵まれました。

秘密のCD・2014年度版

そのなかで「勝負をする日付がわかる」ということがとても心に残りました。

僕は今年で29歳。20代で起業したいと考えていた僕は最後のチャンスとは言わないまでもかなり勝負の年になると思っていました。そんな僕にとっては藁にもすがるような気持ちで聞いていました。

そのCDでは決断を行う日、決断をしない方が良い日が記されたカレンダー、今年のテーマ、この先どのような時代になっていくか、ということが神田さん×来夢さんのトークでお話されていました。ちなみのその時にCDを書きながら書いたマインドマップは以下の通りです

2013年12月30日18時00分02秒_0001 2013年12月30日18時00分23秒_0001 2013年12月30日18時00分39秒_0001 2013年12月30日18時00分39秒_0002

 

 

さて、その日以来春夏秋冬理論に興味を持ちました。そんな僕が今回ひょんなご縁から白鳥さんの講座を受けられる機会に恵まれました。東京の講座でしたが、GoogleHangout。オンラインで受講できました。便利な時代になったものです。

白鳥 徹@起業家カウンセラー 自分の世界観を持った起業

今日はその講座で学んだことを書いてみました。

春夏秋冬理論とは何ぞや、ということについては本元のサイトをご確認くださーい

來夢 神田昌典 春夏秋冬 シーズンズ

ちなみに僕の季節は以下の通りで変遷しています。結構大きなイベントがあった時はルールに沿っていて、白鳥さんの話を聞きながらゾクゾクすることが何度かありました。季節を判定するサイトものせておくのでご興味があれば確認してみてください。

スクリーンショット 2014-02-22 23.04.10

hantei
季節判定

 

■学び

・起業は4年後の春1年目でも良いかもしれないと思えた。あれだけ無理にでも急ぎたいと思っていた起業に余裕の気持ちも持つことができた

・今誘って頂いてるビジネスのお手伝い。しっかり頑張ろう

・攻めるんなら7月15日まで拡大の時期やから攻めてもOK

・自分は現実目標設定型。なので習慣化コンサルタント古川さんの理論で言う山登型、大目標から落とし込むブレイクダウンのやり方が向いている

目標設定の謎|習慣化コンサルタントの「続ける習慣」ブログ

山登り型か波乗り型か

・秋は自己投資のタイミング。僕は来年の2月まで秋。2年前から確かに我流の努力に限界を感じて、自己投資を積極的に行うようになっていた。毎日ランニングも始めたので体力面でも自己投資をしていた

・秋は人間関係が変わりやすい

・生まれた季節(僕の場合は夏)と対局の季節(冬)では辛いことが起こる可能性がある(スティーブジョブスでいう、Appleを解雇された季節)

・だから僕は来年から3年間は覚悟しておく必要があること。おまけに西洋占星術ではサターンリターン、大殺界と、大きな不幸が起こる可能性もあるということでガクガクブルブルしています

・冬は人生を振り返る時期

まとめ

なんじゃそらー、って感じですか?

実際そうだと思います笑

僕自身は統計学畑出身であり、占いは大規模データの分析と聞いていながらもあまり信じていませんでした。自分の人生は自分の力で切り開け、と考えるタイプ。

でも最近はもうすこし柔軟になりました。

賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶ。僕は30代を経験したことがありませんが、多くの人は30代を経験しています。そういうサイクルから学び、準備をすることができるのであれば、準備をしておこうと考えています。

少なくとも、極寒の地で全裸で凍えながらなぜつらいのかわかっていないようなもの、という状態にはならないように心がけたいなあ

 

今日はこんな感じで!

2014年02月22日16時50分22秒_0001
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>