【感想文】仕事に才能はいらない/金田博之

2013年11月21日23時20分36秒_0001
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

■マインドマップ

2013年11月21日23時20分36秒_0001
■オススメな人

・自分に自信がない人
・でも今所属する会社で活躍するという夢を捨てきれない人

■紹介文(Amazon引用)

グローバルに展開する大手IT企業の日本法人において、史上最速で本部長に抜擢され、グローバル全社員の上位2%に6年連続で選出されている著者が語る仕事の基本。
コミュニケーションが苦手、IT知識もない、英会話もできないという状態で外資系IT企業に入社した著者が、結果を出し続けることができるようになった秘密を公開。
どんな仕事にも共通する「ビジネスの基本」とは? まわりの人と差をつけるには? 効率的に学び成長を加速する方法とは? モチベーションが上がらないときは? など、若手ビジネスパーソンが直面する悩みや課題を解決してくれる具体的な方法が満載。
普通の私たちがビジネスで結果を出すための指南書。

第1章 仕事の基盤を築く
第2章 仕事は心がけしだい
第3章 成長を志すマインドセット
第4章 他人に学び、超えることで大きくなる
第5章 チャンスに気づき、つかめる人の習慣
第6章 リーダーシップの訓練をしておく
第7章 モチベーションはこうして管理する
第8章 プライベートはこうして充実させる

■目的(質問)

・1 才能がなくても結果を出す
・2 成長し続けるポイントとは?
・フォトリーディング、マインドマップの練習

■質問(自分が読む前に考えた質問への答え)

1 才能がなくても結果を出す

僕は全力で仕事に取り組んでいたにも関わらず、結果が出せなくて、周囲の人が結果を出して出世していくのを見てきた。死ぬほど悔しかった。だからこそ勉強し続けている。そして、自分に才能なんてないことを知っているから勉強を続けている。そんな僕にとって本書のテーマである「仕事に才能なんていらない」というキャッチフレーズはとても魅力的でした。

才能なしでどのように結果を出すのか、たくさんポイントが書かれていたのですが、その中でも今の僕にとって大事だと感じたのは以下のポイントでした。

★基本は何事も挨拶、コミュニケーション
→仕事は大きな仕事ほど、たくさんの人とコミュニケーションをすることになる。だからこそコミュニケーションは大事なものと心得よ。でもこれって難しいんですよね。なんかこう書くと当たり前やん、ってなるんですが、実践するのは一筋縄ではいかないんですよね、気がつけばいらっとしちゃっています。ただコミュニケーションを大事にするようになってから色々変わりましたが。

★目の前の仕事にガムシャラに取り組む
→ガムシャラ!頑張ってます!奥さんに「実は忙しい状況を楽しんでるでしょ?」と言われる程度には頑張っています。正解半分、違うという気持ちも半分かなー、自分の考えを整理したり、考える時間もなく、睡眠時間がなかったりすると精神的にまいってきちゃいますからねー

★本で学んだことは即実践する
→これも大事やと思いながら、なかなか難しい。大事!と思っても実践するとなると話が別なんですよね!頑張ります!

2 成長し続けるポイントとは?

★プライドを捨てて真似る
→プライドが邪魔をして、真似することができない。そんなことがあります。真似をすると負けたような気になってしまって、独自の自分なりのやり方でやりたい。そう思う自分がいます。一方で後輩にアドバイスをして、変化しない、なかなか真似しない姿を見ているともったいないなーと思う自分もいます。そうか、じゃあ真似しよう!

★工夫し続ける、視点を変える
→大事だと思っています。どんな小さなことでも小さなことを改善し続けると、半年後、1年後にはとんでもなく遠くへ届いてると思います。小さなことを重ねることがとんでもないところへ到着するただ一つの道

★スピード重視!50点でも翌日に提出
→最近仕事で実践したいことナンバーワン!仕事が多すぎる→返信遅くなる→やばい→時間かかっている分しっかりしたメール返さないと→突発対応の悪循環。やりたいなー、少しずつからでも実践しよう!

今日はこんな感じで!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>