【感想文】営業をやめよう!(小さくても仕組みでガンガン売れる会社のつくり方)

2014年03月25日09時30分53秒_0001
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

この本を読んでみた背景と、簡単な本の紹介(要はどんな本?)

今日の本はコンサルタント北岡さんの本です。以前はこちらの感想文を書きましたが、それよりも昔に書かれた本です。

【感想文】わずかな時短の追求は労多くしてリターンが少ない( 96%の人がやっていない 稼ぐ人の常識破りの仕事術) | ガンガンいこうぜ!!

昔のレスポンスPodcastを聞いていて、本の紹介の回がありました。そこでの紹介内容とダイレクト出版社長の小川さんが「めっちゃいい本やん!本に書いちゃっていいの?」みたいなやりとりに興味を惹かれて購入しました。

※ダイレクト出版 【ザ・レスポンス】のポッドキャスト。起業家やコピーライターに向けて、定期配信。ちなみにどの回だったかは忘れました笑
https://itunes.apple.com/jp/podcast/resuponsu-poddokyasuto/id583832020?mt=2

ダイレクト出版株式会社

内容はめっちゃ良いです。営業(プレイヤー)や、むしろ仕組みの話や大きめの組織論の話もありますので、マネージャーや中小企業の社長にオススメです。

 

それではどうぞ

 

ポイント

売れない理由は2つの大きな勘違いを前提に、商品・サービスを売ろうとしているから

勘違い1:良い商品、サービスを作れば、売れる!
→むしろ良いものにすればするほど売れなくなる

勘違い2:優秀な営業マンを育てれば、売れる!
→経済は低成長が当たり前、インターネットが普及し、他者のものと比較が容易になり、口コミも広がりやすくなった。時代は経済が右肩上がりの時代とは大きく変わっている

 

セールスに頼らないフォローアップツール

「メール」「会報誌、ニュースレター」「音声ダウンロード」「ウェブセミナー」「電話」

人の能力に頼らないで、こうした手段・ツールを活用して行う

 

信頼関係を築くための重要な方法:接触回数を増やす

人間の心理は、繰り返し接するほど、より強く好意を持つようになっていきます。60分を1回会うより、15分を4回会った方が好意を抱きやすいのです。これは、ザイアンス効果として知られています。

ただし、どうでもいい情報を何度も流しても流しても逆効果です、迷惑メールが見られないのと同じ理由です。

そのためには情報は「お客さんの購入プロセスに即するようにして最適で最良の情報を提供する」こと。(具体的な方法は書いてありますがネタバレ自重ということで)

 

無料プレゼンは商品のリトマス紙

無料だからこそ力を入れる。

お客さんにとって必要なものではなく、欲しいものを提供する。まずはお客さんが欲しいものを提供し、話を聞いてもらえる関係を築きます。

無料プレゼントの内容は「専門家として情報を整理してお客さんにとって使える形で提示してあげる」こと。これは非常に価値が高いと捉えられる。

例えば「専門家としてのノウハウ」「最新データの調査レポート」「中立的な視点のある成功事例集」「無料診断」

 

 

Babystep(まずやること!めっちゃ簡単なこと!)

•毎日メルマガを始める

•ステップメールについて調べる

•筋肉質な営業組織について考える(5分)

 

今日はこんな感じで!

 

【感想文】わずかな時短の追求は労多くしてリターンが少ない( 96%の人がやっていない 稼ぐ人の常識破りの仕事術) | ガンガンいこうぜ!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>