【習慣化チャレンジ】【10/30日目】親指シフト

05
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

 

習慣化チャレンジ 10/30日目

身体習慣30日にチャレンジ中です。

親指シフトのキーボードタイピング!

ブログには著作権が切れたシャーロックホームズを15分という時間の中でどこまでできたかを毎日アップしていきます。

よかったら毎日続きを見る感覚で生暖かく応援して頂けると嬉しいです。

 

晒し練習1 練習ソフト(毎回練習ソフトを最初から始め、15分でどこまでできるか?スピードよりも正確性に重点をおき、毎日初歩からスタートさせる)

1日目 練習問題16
2日目 練習問題21
3日目 練習問題23
4日目 練習問題24
5日目 練習問題24
6日目 練習問題24
7日目 練習問題25
8日目 練習問題25
9日目 練習問題27

 

晒し練習2(シャーロックホームズ『緋色の研究』 1日ごとに色を変えています)

第一部

元軍医局

ジョンHワトソン医学博士

回顧録からの復帰

第一章

シャーロックホームズという人物

 

1878年、私はロンドン大学で医学博士号を取得し、続いてネットレイ軍病院で軍医となるための所定研修を受講した。この研修が終わると、すぐに軍医補として第五ノーサンバーランド・フィージリア連隊に配属された。すでに第二アフガン戦争が勃発していたため、連隊はインドに駐留していた。ボンベイに上陸してみると、連隊はいくつもの峠を越えて進軍しており、すでに敵地深くにいることがわかった。やむをえず、私は同じ状況下にある大勢の将校とともにその後を追った。そして、なんとかカンダハールまで無事に到着することができた。そこで私は自分の連隊見つけ、ただちに新しい任務につくこととなった。

この戦争は多くの人間に勲章と昇進をもたらしたが、もたらしたが、私にとっては不幸と災難以外の何者でもなかった。私は自分の旅団からバークシャー連隊に転属させられ、マイワンドの宿命的な戦闘に参加することとなる。この戦闘中、私はジェゼイル銃で肩を撃たれ、弾丸は肩の骨を砕き鎖骨下動脈をかすめた。もし、献身的で勇気ある看護兵マリがいなかったら、私は残忍なガジスの手に落ちていたに違いない。彼は私を素早く荷馬の背に乗せると、イギリスの防衛戦まで無事に運ぶことに成功した。

はげしい傷の痛みに加え、長い間の苦役によって体が衰弱していたので、私は戦線を離脱させられて、おびただしい負傷兵の列に加わり、ペシャワルの兵病病院へ送られた。私はここで体力を回復し、病棟の周りを歩いたり、ベランダでちょっと日光浴が出来るまでに良くなっていた。その時、私は腸チフスにお

晒し練習2 文字カウント数(文字数(スペースを含めない))

1日目 64文字
2日目 57文字
3日目 55文字
4日目 75文字
5日目 84文字
6日目 77文字
7日目 81文字
8日目 103文字
9日目 100文字 ←イマココ

 

親指シフト習慣化チャレンジ 10/30日目 感想

今日は昨日より「103文字」→「100文字」と3文字。

文章が変わってもキープできたと見よう。

 

最初は集中して時間を作った方がいいかな、と思っていたが、まいにちコツコツやっていくのもいい。

人間の脳はすぐに忘れてしまうからだ。コツコツ復習してコツコツ指にしみこませていく。

 

▼わからなかったこと(課題)

・「らりるれろ」をすこしわすれていたので復習!

 

再掲)練習メニュー

・毎日15分 タイピングの練習
・毎日15分 著作権切れの書籍(昔の本)の文章を少しずつ書いていく。
・毎日ブログ更新 日ごとに色を変えて、どれだけ進んだか確認しながら進めていく。
・タスク管理ソフト taskchuteに上記タスクを毎日ルーチンで追加
・iPhoneアプリ Dueに上記タスクを登録
・週次 スピードを効果測定、どれだけ速くなったか測定する
・習慣化アプリ Streaksに「親指シフト」追加。毎日練習ができたらチェックをつけていく

 

親指シフトの師匠

[箱] 親指シフトまとめ | [箱]ものくろぼっくす
親指シフトの師匠 ソフト設定から練習メニューの相談、間違えやすいポイント、つきやすい変なクセなどを教えてもらいました!

参考書籍)習慣化のための参考書籍

親指シフトは身体習慣なので30日で身につける!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>