【感想文】「自己啓発」は私を啓発しない (マイナビ新書)/齊藤正明

2013-11-23 20.37.33
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

■マインドマップ

2013年11月24日21時32分41秒_0001

■オススメな人

・自己啓発なんてしても意味があるの?と思っている人
・じゃあそれでも自己啓発を頑張っている自分って何なの?意味ないの?馬鹿なの?と思った人

■紹介文(Amazon引用)

上司との人間関係に悩み、すがるように購入してしまった150万円の教材、そこから始まった自己啓発セミナーに通う日々……。
気がつけば数年間でセミナーや教材に600万円以上のお金を使い、上司以外との人間関係もおかしくなってしまい……。

今、「自身の能力を磨くことが大事! 」とよく言われていますが、筆者は、その言葉を額面どおりに受け止めて人生をよりおかしくしてしまった典型だと言えます。
自分の成長のために、勉強することはとても素晴らしいことです。
一方で、自分磨きもやりすぎると、かえって仕事や人生をおかしくしてしまう危険性があることを、筆者自身が身をもって体験しました。
そのようなあやまちをおかす人を一人でも減らしたく、この本では、自分を磨くことの功罪に触れ、より自分らしく活躍できる手助けになればと思います。
自分を磨きたいという気持ちや考えは素晴らしいものですが、「自己啓発」との付き合い方に、本書を読んで気づいていただきたいです。

「マグロ船流仕事術」で成功した筆者が、自己啓発にハマった笑いあり涙ありの日々を語り、そこで気づいたことを語ります。

■目的(質問)

・自己啓発の罪、デメリットとは?
・それでも自己啓発をする意味とは?続ける?辞める?
・フォトリーディング、マインドマップの練習

■質問(自分が読む前に考えた質問への答え)

・自己啓発の罪、デメリットとは?

他にも色々記載されていたが、自分が気になったのは上記3点である。

★ストレスに弱くなる
→自己啓発のセミナー、ワークショップに行くと基本的に勉強熱心で前向きな人が集まるので良いムードである。その環境に慣れてしまうと、会社のような色々な人が存在する集団に適用できなくて、ストレスを感じてしまうようになる可能性があるということでした。

★結局他人をコントロールすることはできない
→また、結局他人をコントロールできないことは真実なので、それを考慮した上で行動を考えていく必要があるよね、と思っています、当然たまに激おこ状態になっていると時もありますが。

★自分に合っているのかわからない、結局それは提唱者の勝ちパターンなだけである
→提唱者が主張している内容が研究や定量的に検証されているのか確認する必要性と、自分に合っているかどうかを検討しなければならない。100人中99人に合っていても自分には合っていない可能性がありますからねー!

・それでも自己啓発をする意味とは?続ける?辞める?

しばらくは「続ける」という結論に至りました。

結局僕は自己流で働いていても、これ以上高みに上れない、と感じてしまったので今ガムシャラに色々なことをしています。また、自己啓発なんてしなくても達成しているし出世しているよ、というセグメントがあることも認めます。めっちゃ悔しいとは思いますが、僕はそのセグメントではありませんでした。僕が天才なら良かったのだけどそれはコントロールできないので仕方がありません。

なので、自分なりに新しい知識を手に入れて、「試して、勝ちパターンを作る」「失敗したら、違うやり方を試す」「優秀な人を真似する(嫉妬しない)」「嫌な人を見たら反面教師だと思う」ことを基本方針として引き続き前向きに頑張ります!ガンガンいこうぜ!!

今日はこんな感じで!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>