起こることは全部マル、をiPhoneを使って実践生活に活用、習慣化させる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

昨日紹介した以下の書籍を読み、いくつか実践したり、習慣化させる方法を考えてみたので紹介します。

起こることは全部マル | ガンガンいこうぜ!!

 

 

 

 

さて、なぜ実践が大事か?

というのは社会人になってからも、とにかく活躍したくて、こういった自己啓発系の本はたくさん読んできた。週に2~3冊くらいのペースだったと思う。

ただ、読むのに必死で、知識を取り入れて満足して、使えるときになったら使おうくらいの気持ちで、読んでいたら結局使う場面もなく、はっきり言って、読んでるから活躍して出世するはずなのに、読んでない人たちの方が出世していくのを見て、なんでだろう?自己啓発の本って使えないのかな?くらいのことを考えるようになった。

でも、今考えると、僕がそのポテンシャルを使いきれていなかっただけだった。

具体的には、本に書いてあること、ワークなどをちゃんと実践すること、試してみること、その上で自分に合わないならやめたらいいし、合いそうなら続けたらそれでいい。それだけのことだ。でも知識を得ることに満足していたので、結局行動には反映されない。現実が変わるはずがない。

結局こういうノウハウは知ってから、やる人1%、やり続ける人1%、かけ算すると、0.01%、つまりやり続けると1万人に1人の存在になれる、ということを肌で実感するようになったのは最近だ。

結局何をしようとしても、習慣化が肝になってくる。

 

と、お膳立てが長くなりましたが、使うアプリは次の二つ。

EverGear - Evernote投稿ツール
400円
(2014.10.30時点)
posted with ポチレバ

これは僕が何か新しいことを習慣化させる時に使う鉄板スキーム。

Dueでリマインドされ、そこからURLスキームでEverGearで飛び、そこで入力して、Evernoteに飛ばす。ということをやるだけです。

それぞれ詳しい人が使い方を書いているURLはあると思うので調べてみてください。

 

今回僕は以下テンプレートを毎日一つずつ更新していくことを決めました。

===========================================

夢アリアリPlay! 2014/10/30 8:14(日付と時間は入力した日時を自動でいれれます)

すべての創造は、まず想像することから始まります。叶いやすくなるポイントは2つです。

ひとつめは、
すべての夢はありありと具体的に、しっかり、くっきりとイメージすること。
もうひとつは、そのときの感情がニヤニヤと嬉しい思いで満ちていること。

ありたい未来の姿をイメージし、次はすでにそれが叶ったと仮定して、「叶ったときの嬉しい感情」や、「状況」をありありとイメージしていくのです。

何もかも大丈夫だとしたら、どんなことをしてみたい?
ここに書いたものがすべて叶うとしたら何を書く?
■1 あなたの夢は?(夢のタイトルを書き出そう)

 

■2 いつ叶っていてほしい?

 

■3 それが叶っているシチュエーションはどの場所?

 

■4 そこには誰がいる?

 

■5 なんと言っている?(自分と誰かの両方)

 

■6 どんな気持ちになっている?

 

■7 そこで、どんなふうに行動し暮らしている?

===========================================

これをEverGearにテンプレートとして登録して、URLスキーム発行、Dueに登録、あとはこれ用のノートをEvernoteに作り、週次レビューのタイミングで見返す、ということをすれば完了です。

興味があれば試してみてください。

 

今日はそんな感じで!

【感想文】「イライラ」って習慣やったんや・・改善しよう!(新しい自分に生まれ変わる 「やめる」習慣/古川武士) | ガンガンいこうぜ!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>