【感想文】職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法/上阪徹

2013年11月25日23時13分45秒_0001
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

■マインドマップ

2013年11月25日23時13分45秒_0001

■オススメな人

・ブックライターって何ですか?と思った人(それは私です)
・ブログ書いている人
・本書きたい人
・成功している人にインタビューして本を書く世界ってどんな世界やろう、と思った人

■紹介文(Amazon引用)

なぜ成功者たちは、著者だけに心を開いて、とっておきのストーリーを話してくれたのか?

ベストセラー『成功者3000人の言葉』の著者が公開する、成功者に代わって本を書き、思いを人に伝えるブックライターという仕事。

取材のコツ、書く技術、時間管理からギャラの話まで、プロとして独立できるノウハウのすべて。
自分で本を書きたい人、文章を書いて食べていきたい人なら必読!

◎最短3日で1冊。プロはこうして本をすらすら書いている!
テーマ、相場、読者の関係が大事
素材が七割、書くのが三割
取材コンテでイメージする
読者の代わりに聞く
2000字になりそうな要素をチェック
キーワードを探して目次を作る
人に話すように書く
できれば丸一日、まとまった時間で書く
最初から完成形にせず、推敲を4回
締め切りの前に提出する

■目的(質問)

・ブックライターの仕事術をブログに活かす
・ブックライターの仕事術を書籍出版に活かす
・フォトリーディング、マインドマップの練習

■質問(自分が読む前に考えた質問への答え)

ブックライターの仕事術をブログに活かす

★日々の行動(素材、ネタ)をコツコツ積み上げていくことが大事だ

なぜなら、いざ書かなきゃと思って考えても、なかなか思いつかないからだ。

やはり、ここでも日々の行動をコツコツ積み上げることが大事だということを知った。特にそういう本をチョイスしているわけではないのに、書いてある本にコツコツ積み上げていくことが大事だと書かれている割合が高い気がする。

ここでいう日々の積み上げとは「自分の行動を記録、分析すること」、「苦手なプロセスから脱却した経験を記録しておくこと」、「自分の習慣を記録しておくこと」などだ。それをしておけば将来ブログや本を書こうとした時に、その中から素材を選べばいい、ということでした。

確かに自分は最近朝の方のライフログはできるだけ読んでいただいてる方に役に立ててもらえるように、できるだけ7つの習慣を実践してみて、その結果をレビューするような感じにしていこうと思っています。でもそれって普通に生きていると、うまくいった時があっても忘れちゃうんですよね。そして翌日「何かシェアしたいことがあったけど、忘れちゃったなー、なんやったかなー」という経験です。

だから最近は「Evergear」を使ってEvernoteのノートブック「7つの習慣実践メモ」というノートに飛ばしていくことにしました。こういうスキームを作って日が浅いですが、なかなか順調です。移動中iPhoneで聞きながら、思いついたらメモ。こんな感じでやると自分はうまくいくようになりました。同じように悩まれている方はぜひ試してみてください!

EverGear - Evernote投稿ツール

¥400
(2013.11.25時点)
posted with ポチレバ

ブックライターの仕事術を書籍出版に活かす

本を書いてみたいなーと思うようになりました。僕の作ったミッションのうちの一つは「苦労をしている人たちに自分がうまくやってみてうまくいったプロセスをシェアしていくこと」としています。それは自分なりに一生懸命やっているのに、営業として結果が出せないことで、悔しい日々を過ごした経験があるからです。努力をしていない人は知らんけど、努力をした人は報われる世の中であってほしい、そういう思いからこういうミッションを作りました。

というのと、1回本を書いてみていなーという純粋な好奇心からこの本に興味を持ったのです。面白い本を書く上で重要と書かれていたことは以下の通りです。

★ブックライターの仕事を行う上で重要なのは「文章力」ではなく(字を書く仕事なのに!)、「ヒアリング」「整理」「伝える」ことだそうです。

★面白い本の企画とは「相場」「読者」「テーマ」の3つ

★ブックライターは「素材7割」「文章3割」

★2000字の文章を5回書けばいい

★人に話すように書く

★できれば細切れの時間ではなく、丸1日確保して、書ききりたい

★他人の本の場合は事前準備がかなり重要。ただし、自分の本の場合はいきなり書き始める、とううことも有効だ→その中から素材をチョイスして、順番を入れ替えればいい。

この本を書いていて、思いついたのは、自分が気になっている人、興味を持っている人にインタビューして、ブックライターとして本を書くまでは正直しんどいのでけど1エントリとして書く、という記事をやってみるのも面白いかなーと思いました。そこで徐々にネタ、素材も作りつつ、自分のブックライター能力も上がっていくのでとても良いのではないかと思いました!ので、近日そういうブログを更新しているやもしれません。

今日はこんな感じで!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>