もっと労働時間を減らして売上を上げたい年収2~3000万の社長へ

jidouhanbaiki
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

 

 

本書で言う1億円未満のステージの社長の方に向けて今日は書いてみます。

そして僕はその社長であるあなたに対してメッセージを考えてみます。

 

あなたはきっと成果が出ていると思います。

年収で言うと2~3000万円くらい。

でもご自身が考えられたその事業は、まだまだもっとポテンシャルがあるはず。

ただ、それを伸ばすためにはこれから「営業」や「マーケティング」が必要ではないかと感じている。

 

でも、それは自分の得意分野ではないし、そこに時間を使うくらいなら、自分はどんどん好きな商品を作る方、

コンテンツを作る方に時間を投資したい、という方ではないでしょうか。(というクライアントが多いです)

 

で、僕はそんな方のマーケティングの仕事をお手伝いしています。

(あなたが時間をかけたくないマーケティングですね)

 

僕のUSPは「マーケティングを自動化する」のがポイントです。

僕がいつもいないとマーケティングの売上が上がらない、ということになっては

お互いにとって良くないので目指すのは「マーケティングの自動化」です。

 

自動化するということは、

1度仕組みを構築してしまえば、しばらくは整備だけで、負荷を少なく、売上を伸ばしていけるということです。

つまり労働時間を減らして売上を上げる、ということですね

 

そうすると、あなたは得意なコンテンツ作り、新商品作りに、時間をより投資できることになります。

 

という話をしていると、じゃあそのコンサルっていくらくらいなのか?と質問されます。

 

僕のポジションは社長であるあなたの右腕です。

社長であるあなたの右腕、売上を伸ばす、コンサルです。

 

ダイレクトマーケティングの分野での超有名人ダンケネディは

とある企業のコンサルに入っていて「社長である私よりも時給が高いね」と言われてときに言った言葉は

「私はあなたよりも『顧客を獲得する』ことができる」という話をしています。

 

顧客を獲得する、というのはかなり重要です。

あなたがどれだけ良い商品を作っていても、売上を伸ばせるかどうかは「売る」能力があるかどうかです。

どんなに良い商品であってもマーケティング、セールスがいけていないと売上は伸びません。

 

それをマーケティングやセールスです。

時にはマーケティングが有効な時もあるでしょうし、時には商談(Sales)が有効なときがあるでしょう。

それを現状のリソースで、売上を最大化させる。というのが僕の仕事です。

 

今の年商2~3000万を何倍かにできれば・・

それはあなたのコンテンツ次第の部分もありますが、あなたはより好きなことに集中できる時間が作れます。

そんな右腕役をするのが僕のUSPです。

 

で、僕が今提供している価格は

だいたい新卒1人分の価格である月額20万円のマーケティング顧問契約です。

(でももう平日オンタイムが難しいので土日か平日夜です。)

 

自分の右腕ができて売上が今より増えて、新卒1人分の価格でできる、というのがUSPです。

 

で、じゃままだ世の中的には有名ではない僕に依頼するにあたって

「お前は信用できるのか?」「実績があるのか?」という疑問が湧いた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

そういう疑問が湧いた方向けにまた書きたいと思いますが、

今日は時間が来てしまったので今日はここまで!

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>