【7つの習慣】「7つの習慣」ってぶっちゃけ何なの?どんないいことがあるの?→成長の連続体【ライフログ(ランニング)日誌】322日連続出走中!

2013-11-30 10.19.00
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

★成長の連続体

今日は「7つの習慣」ってぶっちゃけ何なの?どんないいことがあるの?という方用に全体の流れを書いてみます。ちなみにこれは成長の連続体という7つの習慣内に書かれているオフィシャルな内容です。それぞれの習慣を「一言で言うと・・」という感じで整理されています。

「7つの習慣」の全体像「成長の連続体」

わたしたちの成長には3つの段階があります。

1.依存状態
基本的なパラダイムは「あなた」

2.自立状態
基本的なパラダイムは「わたし」

3.相互依存状態
基本的なパラダイムは「わたしたち」

依存状態から自立状態へ至るプロセスを「私的成功」。そして、自立状態から相互依存状態へと至るプロセスを「公的成功」と呼びます。つまり、まずは自分に勝って、その次にお金持ちになる、アスリート等であれば優勝する等の公的成功にたどり着きます。

各習慣についてはまたじっくり復習していきますが、自立に至る各習慣を一言で表現すると以下の通りです

第一の習慣 「あなたはプログラマー」
第二の習慣 「プログラムを実際に書く」
第三の習慣 「プログラムを実行する」

そして、自立状態にいたらない限り「相互依存」は難しい

自立していない男女が結婚しても幸せにはなれないし、自立していない企業同士が集まっても創造的な協力関係は作れません。

相互依存に至るプロセスは以下の通りです

第四の習慣 両方のWinを確立するようにしましょう
第五の習慣 まずはあなたの話しを聞きましょう
第六の習慣 双方のニーズを理解した上でその両方が
得られる新しい方法を一緒に見つけましょう

第七の習慣は、第一の習慣から第六の習慣までの
切れ味を常に高める、純粋なPC活動の習慣でした。

学んだこと(私的メモ):
・自立=私
・公的成功は「私的成功」の結果でしかない。まずは自分に勝つこと、自立することが必要
・「手段」ではなく「結果」を得る。
・i win =P, you win=PC

行動すること:
・win winを選択する。
・手段にとらわれない
・相手をまずは理解する。その次に私の話も聞いてほしいというスタンス

今日はこんな感じで!

ガンガンいこうぜ!!

■今日のライフログ写真

Runtastic Altimeter PRO
¥200
(2013.11.20時点)
posted with ポチレバ
2013-11-30 10.14.20
Nike+ Running
¥0
(2013.11.22時点)
posted with ポチレバ
 2013-11-30 10.13.30
ichNehmAb!
¥0
(2013.11.22時点)
posted with ポチレバ
2013-11-30 08.42.09 2013-11-30 08.41.30
Streaks - Motivational Calendar
¥200
(2013.11.22時点)
posted with ポチレバ
 2013-11-30 10.15.20 2013-11-30 10.16.17 2013-11-30 10.16.29 2013-11-30 10.16.35 2013-11-30 10.16.43 2013-11-30 10.16.54 2013-11-30 10.16.59 2013-11-30 10.17.10 2013-11-30 10.17.16
MyStats
¥0
(2013.11.26時点)
posted with ポチレバ
2013-11-30 00.14.13 2013-11-30 00.14.18
Moves
¥200
(2013.11.26時点)
posted with ポチレバ
2013-11-30 10.20.04
Lumen Trails • 何でも追跡。
¥300
(2013.11.26時点)
posted with ポチレバ
■その他
20分
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>