禁酒30日達成、そのきっかけ

slooProImg_20151025125837.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

毎日お酒を飲んでいた。

お酒=楽しい、幸せ、現実からの解放。
お昼からビールを飲む日とかはさらに幸せ。

でも、お酒を飲むのを辞めるか、すこしでも減らすことができればもうすこし時間がつくれるかも。

そうすればその時間で重要領域(7つの習慣で言うと第二領域)に時間が投資できて、もっと時間に余裕を持てるかも。
さらに健康になるよね。

そう考えて、何度か禁酒にチャレンジした。
1週間くらい達成することができたけど、そのあとは毎日飲む生活に戻っていた。

やっぱりお酒飲んでる方が楽しいし、
ごはんも美味しいし、そもそも楽しみを減らして長生きして何のりゆうがあるわけ?と、減らすことは難しかった。

そんな状況から一転して、禁酒30日の達成。

何がきっかけだったのか?というと、
算命学(帝王学)の師匠に「宿命上、君はお酒を飲むとポックリ死ぬ」と宣告されたから。
それだけだ。

夢を叶えるゾウでガネーシャが言っていた。

ちょっとうろ覚えだけど、
「人が変わるには、大きな不幸、インパクトの強い出来事が必要だ」

自分の意思をきっかけに変えられるものと変えられないものがある。

お酒に関しては
自分の努力では難しくて、外部刺激があって、一気に禁酒することができた。

毎日飲んでいたから、苦しい部分もあったけど、
さすがに「死ぬ」かもしれない、というインパクトは強かった。

おかげでちょうどビール500ml缶を箱で買ったところだったので、悲しそうにスーパードライが冷蔵庫の中でたたずんでいる…

ただ、このままだと冠婚葬祭とか、
海外に行った時に現地のお酒を飲むとか、
時空間が限定されるもの、に関してはどうなんだろうと思ったので、
今度師匠に質問してみよう。

あ、お酒をやめたことでわかったことがある。

⚫︎お酒を飲まなくても睡眠時間は短くならない(不思議だ…)

⚫︎お酒を飲まなくても、結局時間はない
(空いた時間は埋まる。仕事が仕事を呼ぶ。仕事のラッシュ)

⚫︎お酒=幸せ、だったけど、飲まないことで、
飲まない時間から幸せを見つけることができた。
これは大きい。というよりこれが一番の収穫かな?

⚫︎お酒を飲まないと、
知らない人と話しづらかったが、
飲まないとシラフの状態で話さなきゃいけないので、
人見知りが解消された。

⚫︎かわりに炭酸水や甘いものを食べるようになった。

こんな感じかな

ちょっと他の人には応用しにくいことかもしれないけど、
一例として参考にしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>