雑色のお肉屋さん

slooProImg_20160221221542.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

自宅からちょっと遠いお肉屋さんに週1くらいで通っています。

ランニングのついでに、
コロッケやメンチカツ、ロースカツなど、
(まあ当たり前なんだけど)
お肉を買ってかえります。

そしてここのコロッケがとてもおいしい。
高級な味とかではなくて、
商店街のお肉屋さんのコロッケという感じで
ほっとする美味しさ。

コロッケかメンチカツかというと
圧倒的にメンチカツ好きですが
ここだけはコロッケの方が美味しいと思います。

しかも60円。
めちゃくちゃ安い。

近所の大手スーパーよりも安くて美味しい。
だけど遠い。

普通なら通える距離じゃないけどランニングのついでにって言って理由をつけて買いに行ってしまう。
そしてなんだか大手じゃない方がホッとするし安心するというメンタリティもある。

こういう商売を作れたらいいよなと思う。

距離が遠かろうが
どうしてもいってしまう。

マーケティング、セールスも
競合よりスペック的には条件が悪くても
こちらを選んでもらえるように仕組みをつくる方がいいかなと思う。

結局スペックで選んでもらうっていうのは
儲からないし、
もっとスペックが良いモノが出て来たときにそちらに行ってしまう。

じゃあどうすればいいの?

となると思うけどそのヒントがストーリーや世界観なのかなと思う。

その世界観、コミニュティに所属するために
価値を支払ってもらう。

そういう世界を作り上げていくことが大切だと思います~

いくつかそういうことにトライしているプロジェクトがあるので
またうまくいったらシェアしますね~

P.S.

今日の曲はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>