ラーメンは男のロマンなのか

slooProImg_20160413224130.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

久しぶりにラーメン大好き小池さんかってくらい、
ラーメンが食べたくて仕方ない衝動に駆られています。

寝ても覚めても考えるのはラーメンのことばかり。

奥さんが里帰りしているので料理に気を使わなくなったらラーメンばかりになってしまいました。

まあ栄養面では毎日納豆も食べているし、だからビタミンKをたくさん摂取しているし、まあ奥さん戻ってきたらラーメンあまり食べられなくなるし今は良いかなと自分に言い聞かせています。

それにしてもラーメンになぜここまで心が惹かれるのか。

大阪では環状線周辺のラーメン屋が参加しているラーメン屋スタンプラリーで全制覇しましたし、東京でも目ぼしいラーメン屋を見つけると、食べログの「行きたい」にチェックをつけ、チャンスがあればいけるようにしています。

近所に食べログTOP50?か500に入っているラーメン屋があります。横を通ると2〜30人並んでるんですよね〜並んでるのは女性もいますけど、だいたい男性ですね。ラーメンは男社会の食べ物です。男性性の強い食事とも言えます。でもデートでカップルで来る人たちもいるのであれはよくわからないですね。男社会を覗きたい的な意味合いでしょうか。

また、「ラーメンは小宇宙だ」と一見よくわからない名言を残した先輩もいました。もちろん男です。ラーメンを食べている人は脳もラーメンになってしまうのか、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかしこれは納得できる部分もあるのです。

スープ、麺、具、これらが最高のバランスでデザインされたラーメンバランスまさに小宇宙。宇宙には無駄なものは存在しない、という考え方がありますが、本当に素晴らしいラーメンはまさに小宇宙。無駄がありません。美しいとすら思います。

個人的にはファッション業界におけるセレクトショップのような感じです。ラーメンはオーナーの世界を表現しています。つまり、ラーメンはオーナーの主張でもあるのです。ラーメンを通じてオーナーと対話をする、それくらいの気概でラーメンを食べて欲しい。

そんなことを考えながらさすがにラーメン食べ過ぎだなと思ったので今日はうどんを食べました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

all in or Nothing メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>