男は女のATMであれ

slooProImg_20160503184438.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

昨晩2時頃、妻が産気づいたので急遽産院へ。

出産予定日は5月10日。昨日お昼の定期通院の時には「まだ時間がかかりそうですね、どんどん歩いてください」なんて言われたので「まだまだかー、むしろ2週間後には東京に戻る予定なので後ろ倒しになると立ち会えなくなるなー、というか毎日山登りみたいなことしているのにまだ山登りするのか・・」と思っていたくらいなんですが、その日の晩に再度病院に行くことになるんですからわからないものです。

そして行ったら行ったで陣痛が始まっていないから「まだしばらく大丈夫ですね」と妻はそのまま入院で、自分は一旦戻ってよし、ということなので、朝4時頃に一旦戻りました。

で、翌日の通常面会時間が14時頃なのでそれに合わせておこしやす、ということなので、そこに合わせて準備しました。

5月10日に合わせてビデオカメラやメモリーカードなどを注文していて、まさに今日到着予定だったんですがなかなかうまくいかないもんですね。産まれた後ビデオカメラで撮影できたら良いなーと思っていたのですが午前中の便で来なかったので間に合わないだろうな・・。

と、思いビデオカメラを諦めようかと思ったのですが、結局諦めきれないので佐川急便に電話したらちょうど営業所には到着したようで、直接営業所へ出向いてビデオカメラを受け取り、営業所を経由して病院に行くことにしました。

陣痛が始まっていない妻からは朝ごはん、昼ごはんの写真が送られてきていて、結構美味しそうな写真です。というか私のごはんよりクオリティの高い食事でした。

で、14時過ぎ病院に到着して話すと元気そうだったので安心しました。ただ、まだ産まれるには時間がかかるみたいで、またしても一旦帰ってよしとのこと。帰ってもよかったのですが近くに祖父母の自宅があるのでそちらで夜まで待機することにしました。

その自宅が本当にたまたまなんですがこの病院から徒歩5分くらいのところにあります。そこから病院に行ったことなかったので、地図を見ながら歩くと、幼稚園くらいの頃に祖父に連れられてよく歩いた道に出ました。それが今日の写真ですね。

自分が幼稚園の頃、祖父母と一緒に歩いた道を、自分の子供が産まれそうな今、歩いていることに不思議な縁を感じています。病院選びは妻に任せていたのでまさかこの縁のある町を選ぶとは思っていなかったんですよね。

この病院は芸能人も通っていたり、わざわざ県外から通ったりしている人もいるようで、結構人気みたいです。自宅から車で40分くらいかかるので近くはないんですが、ご飯が美味しいとかサービスが良いなどの理由で選んだようです。

その分価格が高かったり、待ち時間が長かったりするのですが妻も質の高さに満足しているみたいです。

ミスターセールスライティング小野さんも「男は女のATMであれ」と名言を残していたり、先日のセミナーでも「男の役割は子種と金」、と男性性全開でマッチョすぎる主張に触れる機会が増えてきました。まあ僕は僕で自分を追い込むのが好きというか結局マッチョな素養があるんでしょうね、妻の理想のライフスタイル実現に向けて、お金で解決することなら解決できるようにしようかなと思っている次第。

こんなことを書いていたら陣痛の頻度が高くなってきたみたいなので今日はこのあたりで、また明日~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>