結果にコミット

slooProImg_20160628171204.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

今日は新宿と恵比寿で商談。

商談は提案1つ前の段階の商談で、
改めてクライアントの課題を深堀り。

ラフな提案を繰り返しながら、
相手の課題を解決しつつ、
こちらも提供可能な範囲を考えながら提案を進めていく。

新人営業の教育をしていた時に感じたことだけど、
例えば新人営業は仮説の量と質が低いし、
相手の話に合わせて仮説を考える量と質も課題がある。

まだ進化できると考えているが、
営業レベルが高くなってくると、
仮説の精度は高くなってくるけど、
より大切なのは、クライアントの話を聞けるようになることだと思う。

考えていなかった展開になっても
クライアントの話を聞いて、
適切にコミュニケーションをする。

これはまさに適切にインプットして、
アウトプットしていく、ということ。

だからインプットクラスの
超絶地味な上にハードなトレーニングは
営業教育にも役に立つ。

まあ人生に役立つんだから
営業にものでも使えるのは当たり前かー。

ジョンロック。
読んでいきましょう。

今日の写真は山手線のライザップの広告。
ついに英語の成果にコミット。

肉体トレーニングに価値をおいているのではなくて、
本気の人に結果をコミットする会社ってことだね。

ビジョナリーカンパニーだったかな?で言われているけど、
本質的な価値を考え続けることが大切だ。

例えば人々の移動を支援する、ということが価値なのであれば、
バスの会社は鉄道事業に乗り出すべきだし、
航空事業に進出すべきだ。

それをバスや鉄道で価値を築いてしまったから
進出しない、ということであれば、
航空が発展した時に衰退することになる。

事実、アメリカではバス事業は衰退した。

本質的な価値を考え続けよう。
自戒を込めて。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>