Licence to Management

slooProImg_20160801121350.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

昨日はセミナーから、
陰陽五行セッションへ。

最近は仕事が多くて、
分刻みのスケジュールになることもある。

それくらい仕事があるということなので、
嬉しいことでもある。

だけど、そういう時って
心に余裕がないし、
目の前のことしか見えなくなって、
疲れもたまりがち。

独立してから
より身体が資本なので、
倒れるわけにはいかない。

だから自分がいなくても回っていくような事業を早く軌道に乗せないとね、
だから事業プランニングが大事なんだよなと思う。

さて、昨日は小池先生とのセッションがあったので、
そこでの学びをシェアしようと思う。

帝王学という観点で見た時に、
経営効率を考えた場合、
「自分で仕事をしない」ということが基本になる。

自分が力を発揮して、
仕事を作っているようじゃまだまだ。

自分がいないと仕事が回らない、
そこで自分がいないとダメなことに優越感を感じている、
なんて状態をトッププレイヤーはやりがちだけど、
経営者としてはダメ。

だから、魅力的な帝王であること、
部下から惚れられる人間であること、
この在り方が大切になってくる。

そうすれば
指示をしないと動かない、
指示以上のことをしない、なんて不満を抱えずに済む。

とにかく僕たちは現実に都合が悪いことが起こった時に、
自分以外のものに要因を求めがちだけど、
その問題をつくっているのは自分でもある。

だから、チルチルミチルの青い鳥ではないけれど、
自分を向上させることに焦点を当てる。

魅力的な人間であるように努力を続ける、
簡単、楽、快感、爬虫類脳の刺激に弱い僕たちだけど、
自分を高め続けるマッチョな人間でありたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

all in or Nothing メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>