まず人を食わせよ!

slooProImg_20161206214526.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

そういえば
前職でメルマガを配信していたとき、
やたら参考になったと感想を言われることがあった。

それは
「クライアントを出世させろ!」
というメッセージ。

これは本来僕が売れない営業から変わったと
きっかけになったアイデアの1つで、
後輩や新入社員にはこのようにお伝えしていますよ、
という内容のメルマガだったのだけど、
読者の方からやたら感想をいただくことになった。

実際にこういう考えで、
行動してからどんどん売上が上がっていったので、

後輩や、新卒、新しく転職してきた人に対して
行動指針のコンセプトとして、
一貫して伝えてきた。

何度でも言うけど
クライアントはあなたに興味もないし、
商品も買いたいわけじゃない。

興味があるのは
「じぶん」のこと。

デールカーネギーの
「人を動かす」で次のように書かれている。

いくら努力しても、もちろんむだだ。
人間は、他人のことには関心を持たない。
ひたすら自分のことに関心を持っているのだ。
朝も、昼も、夜も。

ニューヨークの電話会社で、
どんなことばがいちばんよくつかわれているか、
通話の詳細な研究をしたことがある。

案の定、いちばん多く使われるのは、
わたし、ということばであった。

アメリカでの電話で最も使われている単語は「わたし」だし、
大量のウサギのエサ代を稼ぐために子供が考えてエサ代を稼いだアイデアは
ウサギに相手の名前をつけること。
それで大量かつ継続的にエサ代を稼いだ。

人生を成功させるには、
「相手を成功させること」を考えてみてほしい。

逆説的だけど、
それがあなたを成功に導くのだ。

昔はここまでの理解だったけど、
この2年間、帝王学である算命学を学んで、
理解が深まってきたので
アップデートしておこう。

「相手が自分を出世するよう応援してくれる」

それがクライアントにとっては、
まずは自分の利益だけ考えている人じゃないんだなと、
第一の関門をクリアする。

次は自分のことを応援してくれる人だから
好きになってくれる。
(自分を好きだと言う人は嫌いになれない。
むしろ好きになる。心理学的にそういう効果が認められている)

で、この次がアップデート。

好き、の次は惚れる。
つまり、惚れられること。

そうなれば、
目先のスペックには踊らされない。

世間一般ではファン、って言葉も使うけど、
あまりしっくりきてなくて、
本当に惚れられてるって言葉がしっくりくる。

で、面白いのは
惚れられるためには
先に惚れてないといけない。

世の中は逆説的なのである。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>