コンフォートゾーンを飛び出せ!

slooProImg_20161219224508.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

今日は千葉へ。
売上高一兆円を超える企業との商談。

めっちゃ遠いけど、
大企業との商談は規模が大きいので
わくわくする。

千葉というと、
第一想起は
途中でディズニーランドを通りそう。

第二想起は
その次は東京駅で乗り換えに時間がかかる。
ということ。

完全におのぼりさんというか、
東京のことを知らない人の発想なんだけど、
まあ事実だから仕方ないよね。

たまにしか使わないけど、
東京駅での京葉線の乗り換えはいつも長いと思う。

まあどうでもいい話だね。

で、今日は変化に飛び込む、という話をしたいと思う。

コンフォートゾーンを飛び出せ!

って書いてて思ったけど
「ガンガンいこうぜ!」ってテーマなのに
最近は「いのちだいじに」ってテーマが多くて
ようやくそれっぽいテーマ。

まあ攻めてる方が楽なんだけど、
守りが大事というか、
守りがしっかりできていないと攻めてる間に全滅するから、
ってドラクエトークはもういいね。

コンフォートゾーンを飛び出せ!

いろんな分野の情報をインプットしてるし、
一部は情報を提供している側だけど、
大部分は共通していることを言っている。

で、で、で、
なぜみんな同じことを言っているのかというと、

みんなできてないから。

何をやったらいいのかわかっているのに、
できてない人が多いから、
結局同じことを言い続ける必要がある。

これは習慣化でもそうだし、
起業相談もそうだし、
人材教育についてもそうだし、
マーケティングについてもそう。

自分のレベルを超えた、
快適じゃないゾーンに飛び込み続けること。

これが成功の秘訣だと思う。

飛び込みつづけると
トラブルが起こるし、
ドリームキラーも現れるし、
否定もされる。
夫婦ケンカもするし、
信じてた人に裏切られるし、
子供もお母さんになつく。

自分のことを誰も理解してくれないような気分に陥る。

それでも理想の世界がその先にあるなら
飛び込み続けなければいけない。

そんなしんどいこと、
多くの人ができない。

だから成功する人が少ない。

それだけじゃないかと思う。

で、それができる人はやっぱり
一般的な観点からすると、
判断がぶっ壊れているように見える。

昨日とかはオノマンから強く
オーダーメイドスーツとシューズを勧められ、
(自動車が買える値段と言っていたけど)

僕はファッションより
自分のインプットにお金を使いたいんだ!
でもたしかに一国の大統領がオーナーが買っているスーツはたしかに気になる。
でもそうなると時計も欲しいと思ってるんですよね。

と言うとオノマンは

「全部買ってから考えよう。そしたらなんとかなる。」

まあ基本的に全部買おう、
後のことは後から考えよう、ですからね。

全部買ったらまあまあの金額になりますからね。

普通の人は持ってるお金で、モノを買うのが普通だけど、

オノマン的には、
買ってからどうやって稼ぐか考える方式だから、

そういう感じの人と一緒にいると
なんだか自分の方が間違っているような気がしてきて、

これまで自分のコンフォートゾーンだったものが壊れていく感じがするから、
面白い人や理想に近い人生を歩んでいる人たちと一緒にいるのは大事だと思う。

さて、あなたはコンフォートゾーンの内側にいる人?
それとも外側にいる人、どちらだろうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

all in or Nothing メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>