死ぬ気で働く

slooProImg_20170128215122.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

死ぬ気で働く。

という言葉、
わりとよく聞く言葉だけど、
不思議な言葉だなぁと思う。

何か不思議な感触があって、

それは何かなと思ったら
死ぬ気で働く、という言葉は
自分を痛めつける、
みたいな意味を感じるからだと思う。

結果がどうこうより、
自分を痛めつけるみたいな。

本当にいいのは
無理なくしっかり予定通りにコントロールして
ゆったりと目標を達成していくほうがいいと思うのだけど

なんだか死ぬ気で働く、という言葉には
効率とかどうでもいいから死ぬまで働けみたいな意味合いになる。

てきせつなバランスがあると思うのだけど、
「死んでもいいと思うくらいの気持ちて全力で目の前の仕事に臨む」
という感じかなぁ

武士道の世界ではすこしの力具合のバランスが
成功の成否を決めると聞いたことがあるけど、

このあたりの死ぬ気と
行動のバランス感を自分にあったかたちで
適切に決定できればパフォーマンスがあがる気がするので、
地道に探っていく必要があるかなと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>