うまくいくときは、力はいらない

slooProImg_20170317010056.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

「新しいことに挑戦するぞ!」
「人生を変えるぞ!」
「これまでできなかったことを
今度こそやり遂げるぞ!」

これまでできなかったことに挑戦するとき、

これまで以上に頑張らねば、
と思う人が多いかもしれない。

というか自分の場合はそう考える。

仕事しかしてないけど、

さらに睡眠時間も削って、
全神経を挑戦していることに投入していく。

僕の場合は売ることが仕事なので
売るために何ヶ月も前から準備をしていく。

何ヶ月もの時間と、
時には1000万を超える投資、
プロデュースした側の責任、

などなど、

色々なプレッシャーがあるけど、
失敗したら死ぬぐらいの気持ちでやっていく
(まあだから失敗したように見える結果が出た時に
死にたくなる)

それぐらい追い込む。

本田圭佑が

「泳げない人が海に叩き落とされたら
泳げるようになる。
(泳げないと死んでしまう状況に追い込んだら
泳げるようになる)」

と言っていたけど、
そのイメージに近い。

実際に決断して飛び込んでしまえば
たいていのことはなんとかなるように思う。

けど、その前提があった上で、
力が入りすぎてしまっているときは
だいたいうまくいかない。

例えば大事なプレゼンがある、
そのために命をかけて準備をしてきた。
このプレゼンで勝てなかったら死ななければならない。

そんな状況でガッチガチに緊張してしまったら
本来の良さは発揮できない。

極と極。

両方の良いところを踏まえて乗り越えるのが難しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>