身体性は大事だけど、本当の意味で僕たちは顧客にはなれない。で、どうするか?

slooProImg_20170327234104.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

昨日の記事に対して
小野さんがアンサー記事を書いてくれた。

その記事の中で印象深いのは、

本読んでインターネットを見て人の話を聞いてリサーチした気になったって、それだって気のせいなんじゃないかって僕は思う。

自分で、経験しないと、本当のところは。身体性を伴う経験を。

「身体性」

噛み砕いていえば、

「それやったことあんの?」

ということ。

「机上の空論」
という言葉もあるけど、

実体験が伴っていない人が放つ言葉は軽いので、
相手には伝わらない。

それは、他人の商品を「売る」人にとって、
死活問題だ。

価値が伝わらない商品が売れるわけがない。

今井先生も、

「言葉だけの人間になるな」

と言っていたのはそういう意味だと思う。

でも、難しいのは、

売る商品を全部経験しきれることなんて
ほとんどなくて、

やれるだけやって、
あとは想像でやるしかないことが大半。

想像力は、

商品がどうなりそうか、ということもあるし、
顧客がどうなりそうか、ということも含めての想像力だけど、

その時にレジが鳴らせるセールスデザインになっているかどうかは、
身体性と想像のバランスが良い感じであるかが大事だ。

だから、どっちかを極めるという話ではなくて、
良いバランスで質の高い生活を営んでいく必要があり、

結局は普段の生き方や、
意識が立ち振る舞いに現れるということだと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>