DiSC理論

slooProImg_20170703010653.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

DiSC理論という
人間のタイプ判別の講義を受けた。

これは人を見た目で
どのタイプに属するか判断することができて、

(タイプ判別する質問があって
それに回答した方が精度が高いけど
トレーニングすることで
見た目の判断でもほぼ間違わないらしい)

その人が求めるコミュニケーションをして、

人間関係を円滑にしたり、
相手に理想の行動をしてもらったり、
初めての商談で成約率を高めたり、

そんなことができるみたい。

こちら側が相手に伝わるように
コミュニケーションを変えて円滑に進める技術なので

人間関係にも使えるし
もちろんセールスにも使える。

(究極帝王学なので人心掌握、
うまく使えれば一瞬で相手の気持ちをつかんでしまう技術で、
セールスが強いことで有名な大手企業は全員受講しているみたい)

この理論は一般的には有名じゃないけど
行動心理学の博士で嘘発見器をつくったことで有名な心理学者(ウイリアム・ムートン・マートン)が開発していて、

タイプ判別の質問で
ウソをついていたりすると
「ウソつきましたよね?」というのも出てくるから面白い。

パターンは人間セミナーは6種類だけど
DiSCは4種類。
Dタイプ(コントロール)、iタイプ(インフルエンサー)、
Sタイプ(安定)、Cタイプ(分析)

それぞれの頭文字になっていて

ちなみにうちの奥さんはSタイプ。

ワイルドサイド部でいうと

たぶん

島田さんはCタイプ。

小野さんはiタイプ。

かんちゃんはDタイプ。

イノックさんはCタイプ。

ザッキーはCタイプ。

ハルキャットはSかiタイプか迷うところ。

マキさんはSタイプかなー。

それぞれの恐れは

・D→利用されること、騙されること
・i→周囲から拒絶されること
・S→安定が崩れること
・C→間違っていると言われること

それぞれの口癖は

・D→結論、一番言いたいことは何?
・i→わお!すごい!誰が言ってたの?
・S→どのような手順でやればいいですか?
・C→なぜですか?理由を教えてください

だから、
相手によって話すことを変えないと
相手がイライラしたり
求めている行動をしてもらえないから
求めている成果、結果が得られない。

簡易テストもあるので
気になる人はやってみてくださいまし

http://jp.vonvon.me/quiz/301?utm_viral=79

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

3 件のコメント

  • かんちゃんもDISC理論すきだよね!

    簡易テストやってみたらI型でした(笑)

    I – 社交型 (Influence)

    楽観的な性格ながら表現力がとてもよいです。集団ではいつもムードメーカーの役割をしながら、印象がよく明朗です。他人を説得する能力が優れており、対人関係も幅広いです。 何をしても熱情的に取り組みます。

    ただし、ある事をそのままにしておいて仕上げがきっちりとできないところが短点だといえます。外向的な性格もある人にはやかましく、また面倒くさい性格に捉えられ、また、論理よりも話法で説得するために限界があるときもあります。 他人のお願いを拒むことができないせいで、いい行いをして狼狽する場合もあります。

    I型の相対類型別対人関係ガイド
    - with D型 : 正確な説明や冗談よりは簡潔な結論中心で対話しなさい。
    - with I型 :お互いとても合口がいいです。ただし、そうすればするほど、お互い礼儀を正しくしなさい。
    - with S型 : 普段より冷静に落ち着いて接し、ゆっくりと親しくなるようにしなさい。
    - with C型 : C型の意見を肯定的に検討し、感情的な姿は自制しなさい。

    • マジかー!逆方向ですね!

      今度はみんなで精緻なテスト受けにいきましょうー!
      イベントとしてお誘いしますー!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>