手に入れたものを失うことを恐れるな

slooProImg_20170918205647.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

人は手に入れたものを
うしなうことを恐れる。

あらゆる喪失へのおそれ。

手に入れたものというのは、
たとえば、いのち。

一度この世に生まれた人間は
例外なく死ぬわけだから
一度生まれたらかならず死ぬ。

仏陀が出家した理由は、
生老病死から避けられないくるしみからと言われている。

人間が避けられない
生老病死。

生きること
老いること
病むこと
死ぬこと

どんな人であっても避けられない。

人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり
一度生を享け、滅せぬもののあるべきか

敦盛。

織田信長が愛したものとして有名だけど
命かけて生きてたら
避けられないものとして
生や死とどう向き合うのがはテーマになってくるんだろうね。

一度生を受けたもの、
滅びぬものはいない。

この短い人生で何をなすべきか、

こう考えると落ち込んでる時間が
もったいないのだけど
そうは問屋がおろさないのも人生

本能に素直な人が好きな一方で、
限界まで追い込んでいる人も好きだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>