無能と幸せ

slooProImg_20170923205925.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

合宿行く前から
薄々感じてたけど
自分はなんて無能なんだろうなと思う。

「素直に全部にイエス!」
と言っていたら
成果はどんどん出るけど
やればやるほど
師匠に追いつけない、

師匠は化け物だなと感じる気持ちが大きくなる。

魅力で人を惚れさせていく、
無敵にするのは本当にすごいなと思う。

かたや自分は成果結果は出るけれど
揉め事やトラブルがセットでついてくる。
成果結果に比例して
トラブルのレベルが大きくなっていて
どうしたらいいんだろう、と思う。

こういうときは

ランニングしたり
全力疾走したり
筋トレしたり
マインドフルネスで歩いたり
うおー!とノートに書きなぐったり
中村天風さんの本読んだり
小林せいかんさんの本読んだり

これまでうまくいった方法を試したけど
全然もやもやしてる。

全然気持ちが整えられないと思ってあがいてたら
結局一番スッキリしたのは
クッソほど冷たい水風呂に入って
意識なくなりかけるまで追い込んだのが一番スッキリした。

「お前はバカなんだから
身体で覚えろ」

と師匠も指導を受けたとおっしゃっていたけど
ああ自分も身体で覚えた方がはやいなーと思った次第。

バカは嫌いだし、
無能も嫌い。

世の中の役に立ってない人は
生きている価値なんてない。

と思っていたけど
結局それは自分にかえってくるというか
成果結果を叩き出してない自分なんて
価値がないと思っている。

で、価値がないと
生きてちゃいけないと思っているから必死に
成果結果を叩き出す。

でも、成果結果を叩き出したところで
なんかむなしいし別に嬉しくない。

でも仕事の規模は
過去の成果の評判を聞いてくださって
どんどん大きくなる。

関係者の幸せのために
やっていた仕事がうまくいかない。

まわりの人を幸せにしたくて
やってた仕事なのに
1人でも不幸せだーって言うなら
そんな仕事やってて意味あるのかな?

もう辞めるかな、仕事!

とか思ったけど、

結論無能だなーと思うから
しょうがない。

無能なんだから
無能でしょうがない。

昔自分が相当嫌っていた無能になってるけど
もうしょうがない。

でもそんな自分にもどんどん仕事の依頼をしたいと言ってくださる人たちがいるのがありがたいし、
昨日も師匠に今回チャンスですね、と言われるくらいまた案件が大きくなった。

無能なりに頑張ろう。

全員を幸せにすることはできない。

でも身の回りの人から幸せを高めていく。

このメッセージ、偉い人が
言ってたときはなんてちっちゃいこという人なんだと思ったけど、
一周まわって本当にそうだなと思う。

まずはまわりの人から幸せに。

今日は久しぶりに酒井阿闍梨の本を読んだけど

「ダメならダメなりに頑張ればいいよ」
「身体を使って実践しなさい」

と書かれていて、

自分に必要なメッセージを感じた次第。

皆様に幸せを!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>