身軽

DSC00518
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

そういえば、
人に驚かれることがあるけど、

僕は基本的に
windowsとMacのパソコンを
2台持ち歩いている。

「重くないの?」

と聞かれるけど、

普通に重い。

でも、
windowsでしか動かないソフトもあるし、
Macでしか動かないソフトもあるし、
セミナーで前で1台、後ろで1台欲しいときあるし、
たまに片方の調子が悪いときがあるし、
片方の充電がないときがあるし、

っていう感じで2台持ち。

でもトルコでこんなことがあった。

小野さんにとって

MacBookと言えば、
小さい方(インチ)のことを指していて、
それが今では小さいMacBookは販売されていないらしく、
さびしい、という話をしているときがあった。

僕はそんな小野さんを見て、

タイや日本、
日本の中でも移動が多い人は
小さいことや軽いことを
そこまで重視するんだなと思った。

そういえば帝王学の先生も
年間300日以上は出張なので
生地が薄いかどうかは結構気にすると言っていたっけ。

ちなみに小野さんと、
ざっきーはカバン一つで
トルコに乗り込んでいた。
(島田さんもものすごい小さなキャリーケース)

僕はカメラや延長コンセントとか
何かあってもいいように備えてもっていくけど、
今回でいうと持参する服はもっと少なくても大丈夫だったし、
ある意味余分になってしまっていた。

必要なだけの荷物で
移動できるようになればとても気持ちいいと思う。

それと、こういうって
最近は一部分が全部を表すと思っていて、

家の中が整っていない人は、
心の中も整っていなかったり、

カバンがぐちゃぐちゃな人は
心もそんな感じだったりするんじゃないかなって
思うようになってきた。

今年、何回か死ぬかも、って経験をしたときに
実際に感じたのは、
身の回りを整理しようということだった。

死んだときに迷惑をかけないように。

終活とかはじめたりして、
自分が死んだあとのことを書いておいたりした。

でもまあそういうことをしておくと、
どんどん整っていくので、
いつ死んでもいいくらい
仕事に精を出すことができた。

世の中はパラドクスだから、
死んでもいいやと思うと死なないし、
傷つきたくないと思う傷つく。

だから傷ついてもいいやと思うと傷つかない。

そんな感じじゃないかなと思う。

引き続きブログ投票お待ちしています。
(ちなみに1位のタイトルに決めるわけじゃないので
安心して投票いただければと)

ブログタイトル投票フォーム

回答いただいた方には
ゴールドを差し上げます。
(単位もブログタイトルが変われば変わるかも)

期日は12月15日ですが
気軽にコメントいただければ。

ではまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

ガンガンいこうぜ!メルマガ登録フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>