挑戦しないメリットはある?

slooProImg_20180102170209.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

魅力的な人になりたい。

年末年始ということもあるし、
関係ない要素もあるけど、
昔を振り返る機会があった。

人生は偶然が重なって
今の自分が構成されているなぁというのが
今年強く感じたことの一つ。

スティーブジョブスが

「点と点が線になる。
ただ、それはあとのこと。

点と点は必ずつながり、
線となることを信じること」

と言っていた。

僕の、今年のテーマは
AIとニューヨークかなぁと思う。

このテーマは、
大学の今でいう「AI」研究室時代に、
「ニューヨーク」に連れていってもらったときの
印象深い出来事から。

ニューヨークという小さい島に、
世界中トップクラスの知能、ビジネス、
金融、政治、エンターテイメント、
すべてが入っていることに衝撃を受けた。

将来はニューヨークで働けるような、
世界で最前線で働けるような人間になる、

と決めたけど、
それとすっかり関係ない場所でがんばってきたのに、
今年は両方目の前に現れてきている。

点と点がつながり、
線になりつつあることを感じる。

そして、同時にその「線」を
捨てていく必要性を感じる。

だからって、
それにしばられる必要はない。

人間は可能性に満ちている。

今まで何かをやってきたからといって
それにしばられる必要はない。

人と話していると、
そんなの誰もいってないのに
自分で自分の可能性を狭めている発言をする人がいるけど、
そんなことをしても、その人も、その周りの人も、社会も
誰も幸せにならないのに何でそんなことするんだろうな~?
と思っていたけど、最近その理由がわかった。

それは、
「傷つきたくないし、
しんどい思いをしたくない」から。

自分に可能性を見て、
今までやったことないことをしようと思ったら

全然知らない世界に飛び込まないといけないし、
圧倒的に人から文句を言われる可能性があるし、
資産だって投じないといけないし、

それが増えてもどってくるかなんてわからないし、
ひょっとしたらそんなことをするなら離婚する、別れる、
って大切な人から言われるかもしれない。

だから、傷つくし、
しんどい思いをたくさんする。

動かなければ、
そんな思いをしなくてもいいっていうのは
たしかにメリットかなぁと思う。

究極、好きな方を選べばいいと思う。

けど、
オススメしたいのは
勇気を出して踏み出す方だ。

やりたいと思うことは
どんなに怖くても傷ついてもやってみたらいいと思う。

ちなみに、
「小野さんさすがだな~」と思ったのは

トルコで、事前にあれだけ嫌だと言っていた
パラグライダーを、
結局当日の勢いとノリで飛んでしまって、
「楽しかった」と言っていたところ笑

怖かったらGO

僕も今年はこれまでの人生最大級の
未挑戦の世界に複数飛び込む。

ひょっとしたら
またうつ病チックな記事になるかもしれないけど笑
楽しんでやっているので
お付き合いいだたければと

ではまた明日

今日の動画はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

all in or Nothing メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>