なんでもいい

slooProImg_20180115013041.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

コンサルや
プロデュースをさせてもらう上で
大切なのは

現在地、目的地、手段

の3つだと思っている。

相手を勝たせる、という観点で、

クライアントが
目的地に到着できるなら
手段はなんでもいいと思う。

とはいえ、
最適な手段があるとは思う。

・早く到着したい人には
最速で到着する手段を

・コストを気にする人には
できるだけコストがかからない方法を

・ストイックな人には
ハードな目標達成手段。

・ゆるい人にはゆるくやってたら
達成できる手段。

でも手段よりは
クライアントが

本当に心の底から
行きたい場所はどこで、

現在地をどこだと思っているか?

の方が大事だと感じていて、

これがわかっていないと
目的地への道案内ができないかなと思っている。

ややこしいのは本人の顕在意識で
目的地はA地点、と言っていても

潜在意識ではB地点、と言っているケース。

その点で今日のMTGは
課題が残るというか、

嘘は言っていないけど、
本当の心の底の中身は本人も言語化できていないし、
こっちもあともうちょっとで本心がわかるのに、と
もやもやするMTGだった。

それでも、大切なことは

「正解がわからなくても
1mmでも進める」

ということだと思っている。

どんな状態だろうが

絶対に相手を勝たせる。

というエネルギーで
進めていく。

全部ひっくるめた上で
関係者を全員勝たせる。
そういうことが必要ではないかと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

all in or Nothing メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>