本物を知れ

slooProImg_20180116195839.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

今日は30人の経営者の方の前で
お話をさせていただく
ご縁をいただいた。

内容は
「マーケティング事例」
2時間フリートーク、
というオーダーで、

今日はいつもの自分ではなくて、

師匠をモデリングして、

貴重なご縁をいただいた方へ

大きな価値をお届けしたい
という想いで臨んだ。

すると、
これまで人前で話す経験は
させてもらっているので、

緊張することは
少なくなったけど

師匠をモデリングしようと
思って臨んだら緊張感が増していって、

自分に師匠のようなオーラを出して
一所懸命生きられる世界にシフトできるお手伝いが
できるだろうか。。。

と緊張が高まった

2時間の結果は、、、

全員には聞けなかったけど

・面白かった、
いつもはこれくらい長いと
集中が切れるけど
気付いたら2時間たっていた。

という声もいただいたのと
後半前向きな質問をたくさんいただいたので
ある程度場の空気をつかめたような気もする。

ただ、
自分の位置が見えてくると、
師匠との距離も
おぼろげながら見えてきて、

全然届かないなと感じた。。。

本物を知っていると、
ハイプレッシャーだけど

高い基準を知っているので
そこに自分が到達していないこともわかる

もっと改善をしなければ
いけない。

高い基準を知っていれば
努力を続けられる。

自分でこれが上限だと
思わないでいられる。

だから、師匠は
『本物を知れ』と言っていたのではないかと
改めて感じました。

初対面の人でも
惚れさせてしまう、
経営者になりたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

all in or Nothing メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>