遠回りが最短ルート

slooProImg_20180119214916.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

最近、日々を生きていると
人の欲求としてヒーロー願望、
ヒロイン願望の強さを感じることが多い。

自分の人生の
主人公は自分だ。

コントロールできるのは
自分だけだから。

進撃の巨人でクルーガーは

「お前が始めた物語だろ」と言い、

ファイナルファンタジーXアーロンは

「これはお前の物語だ」と言った。

僕自身は
小学校の頃の将来の夢は
ゲームクリエイターになりたい、

と書いていたから、
元々僕は主人公になりたい願望があるのかな、
と思っていたけど
最近はみんな持っている願望ではないかと感じている。

人はみんな、
自分だけのミッション、
最終的には夢や幸せを実現したいと思っているんじゃないか。

私なんてたいしたことない、
普通だっていいながら、
心の底では特別な自分でありたい、

自分が主人公の、
特別な物語を生きたいと思っているのかなと
思うようになってきた。

そのためには、
誰かになろうとしているのではなくて
本当の自分と向き合わなければいけない。

それは昨日のスピーチで
自分と向き合い涙した人のように、
自分の弱いところ、かっこわるいところ、
恥ずかしいところ、と向き合わなきゃいけない。

僕はありがたいことに
失敗が多くて

普通の人のコースから外れて
恥ずかしい思いをしたこともあって

あまり自分の弱い部分を話すことに
それほど恥ずかしいと思うことはないけど

それでも社会人になったときは
結果を出さないと生きている価値がないと思って
とても売れない営業です、と言えなかった。

でも、価値のない自分を認めて、
相手を出世させるために
今の自分ができることを精一杯やれば、
遠回りして結果がついてくるようになった。

結果は遠回りしてから
出てくる。

土性、成果結果を叩き出すには
火性、想いを分かち合うこと、

大きな結果を叩き出すには
数年間でも奉仕を続けること。

一直線にはいかず
やきもきするけど、
結果的にそれが最短ルート。

だから、本当の自分にたどりつくには
遠回りして、
見たくない自分と向き合うことが
結果的には最短ルートなのではないかと
感じています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

all in or Nothing メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>