想いを分かち合うことの大切さと難しさ。

slooProImg_20180131023201.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

想いを分かち合うことの
大切さと難しさ。

こちらが大切だと感じていること、
相手のためになるのではないかと提案したことが
うまくいかないこともある。

組織にはいろんな人がいるし、
考え方が違う方が多様性があって強いと思う。

とは思うものの、
実際にコミュニケーションしていて、
相手に伝わらなかったときは
やっぱりさびしくなったりすることもある。

それは、励ましたい、
応援したいと思う人に
想いが伝わらなかったときも
自分の力量不足でかなしくなったりする。

でも、受け取ってもらいたい、というのは
間違っている気がしていて、

自分が受け取らなきゃいけないのではと
感じている。

自分が相手を受け容れると、
受け容れられるかもしれない。

結局のところ、
相手の内面を高いレベルで理解して
相手に寄り添うことが必要なのではないか。

その方向性だと考えたとして、
具体的に何をすればいいのか?

それは、人のシェアを真剣に聞くこと、
自分も自己開示をすること。

その繰り返しではないかと
感じている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

all in or Nothing メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>