気づく力

slooProImg_20180211000513.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

課題に気づけば
改善できる。

課題に気づかなければ
改善できない。

「帝王は気配り、心配り」

どれだけ気を配ろう、
どれだけ心を配ろう、という想いがあっても

力量が低いと気づけない。

とはいえ、

・すぐに力量を上げる方法もなく、
・すぐに気配り力を上げる方法もなく、
・すぐに心配り力を上げる方法もなく、

意識をもって、
課題に気づいて
改善していく。

基礎の反復練習なのかな、と思います。

どれだけ良い教えであっても
実践できなければ効果は低い。

人が学ぶのは

1、知る
2、わかる
3、できる

順番だといわれているけど、
本当に奥が深い。

まずは理解することを
意識して実践に落とし込んでいきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

all in or Nothing メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>