The Art of living(生きる技法)

slooProImg_20180223001215.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

The Art of living

東大安富教授の
『生きる技法』という書籍を読みました。

安富教授は
女性装をしている教授として

結構パンチがあるなぁと思っていたのですが
今回、オススメされたこともあって
安富教授の書籍を読んでみました。

※参考URL
“女性装の大学教授”安冨歩、独自の人生観とは

これがなかなか面白く、
一見、京都大学→銀行→京都大学大学院→東大教授と
成功しているように見えても
中身は常に自殺衝動に駆られていたということです。

圧倒的エリートにもかかわらず
自殺衝動を経て、、、、

と文章が長くなりそうな予感がしたので
結論を先に書きます。

『生きるとは、依存する先が増えることである』

と、一見、

・自立とは依存から脱却すること、

という常識の逆の主張を
されています。

結局のところ

・人間は誰にも依存しない

ということは難しいし、

その問題としては

・少数の人に依存してしまうと
その人に従属せざるを得ないこと

が問題で、

解決策としては

・依存先を増やすことが一つの方向性である、

という主張でした。

他にも

・助けてください、と言えたとき、あなたは自立している
・愛は自愛から発し、執着は自己愛から生じる
・自由とは、思い通りの方向に成長することである
・口からうんち理論
・成長とは、生きる力の増大である

など
興味深い主張が多かったです。

世の中で一見常識とされることの逆、
マイノリティに生まれながら

学業や仕事など、大多数に評価されることが
できてしまった苦しみと、

それを乗り越えた上での
現時点での結論に
惹かれました。

・人生に対して真摯に向き合い、
・自己開示し、
・課題を乗り越えている

生き方が魅力的です。

私も魅力的な人間でありたいので
努力して参ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

all in or Nothing メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>