ペイフォワード

slooProImg_20180404234822.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

今日は仕事関係で
打ち合わせがありました。

仕事についての
お話がメインで

そこに関しては

・やりたいか、
・やりたくないか、

なので

ご本人の意思にお任せするので
究極どちらでも構わない話だったのですが、

話を聞いていると

・正当な言い訳で
動かない理由を

お話されているように
聞こえてしまい、

・それが人生全般で出ているのではないか、
・それでは人生全体がうまくいかないのではないか、と
感じたのですが

お伝えするかどうか
とても迷いました。

・そもそもそれが
あっているかどうかわからないし

・外れているなら失礼だし

・当たっていても
ご本人が受け取れないと
傷ついたり怒ったりするかもしれない

・あたっていたところで
その人が受け取れるかどうかわからない

・フィードバックをして
ほぼいいことが起こらない割に
マイナスのリスクが結構ある

という印象だったので

言おうかどうか
かなり悩んだ末に

結局、
フィードバックしました。

結論ご本人には自覚がなく
この分野に関しては正当な理由があるものの
他は行動している、ジャンプインしている、
ということで、

でもなんだか
それも本当じゃないような気がして

結局15分程度の打ち合わせ予定が
2時間まで延長した末に
結論はわからない、
とうことになりました。

ただ残ったのは

・徒労感と、
・自分の力不足と
・先輩への感謝

でした。

これまで先輩から
たくさんのフィードバックを
いただいてきましたが

・こんなに
しんどい思いをして

・そして
見返りもそこまでなく

・あんなに私の面倒を
見ていただいていたのかと思うと

・そして私がその想いを
本当の意味で
全然わかっていなかったのに

長年面倒を
見てくださっていたのかと思うと

ただただ感謝の気持ちが
湧きました。

この恩は本人に
伝えるのももちろんですが

別のかたちでも
返していきたいと思います。

時間が解決してくれる、
という言葉もありますが
時間や空間が変化したからこそわかることもあり、
毎日学び多き豊かな日々を過ごさせていただいています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

all in or Nothing メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>