知的好奇心。九州新幹線つばめ

slooProImg_20180411002607.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

昨日、先生から
「知的好奇心が高い」
とフィードバックをいただいた。

帝王学の宿命の一つの
具体例として

「知らない道を見たら通りたくなる
通ってみて、知ってる道に出たりするのが楽しい」

という新しいもの好きみたいな
宿命があるのですが

今日、鹿児島から
博多へ九州新幹線つばめ、

鹿児島も博多も
こんなに両方行っているのに
新幹線は初体験で
テンション上がってしまい、

初めての鹿児島駅
新幹線改札、
初めての九州新幹線、

初めての車内での仕事、
「楽しい!」と思いつつ、

「嘘やろ」と思うくらい
トンネルが多くて
インターネットがつながらす
全然仕事進まず、

それもなんだかんだ
楽しんでしまいました。

何の話だ、
ということに
なりそうなのですが、

気付いたのが
ビジネスでも

・新規事業、
・新規案件、
・見たことのない世界を見たい、

と、結局
同じようなことを
言っているなあと、

行動の源泉を感じるとともに
宿命の恐ろしさを感じました。

特性を活かすことも考慮して
人の役に立つことを考えていきたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket
LINEで送る

all in or Nothing メルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>